PHPの勉強!その3~制御構文

プログラミング
スポンサーリンク

どうも、p太郎です(‘_’)


今回は制御構文を勉強したので、備忘録も兼ねてまとめて共有します(*´ω`)

正直Javaとの違いはほぼなく、駆け足で進めたので、本記事でも駆け足でまとめちゃいます。

前回のPHPはこちら↓

条件分岐



if命令

if(条件式){
条件式がtrueの場合に実行する処理
}else{
条件式がfalseの場合に実行する処理
}
$hoge = 10;
if($hoge === 10){
 print 'hogeは10です。';
}else{
 print 'hogeは10ではありません。';
}

結果:hogeは10です。

elseif命令(多岐分岐)

if(条件式1){
  条件式がtrueの場合に実行する処理
}elseif(条件式2){
  条件式がtrueの場合に実行する処理
}else{
  条件式1,2共にfalseの場合に実行する処理
}
$point = 75;
if($point >= 90){
    print '超良き';
}elseif($point >= 70){
    print '良き';
}else{
    print 'うーん・・・';
}

結果:良き


ちなみに↑の条件式ですが、条件式を書く順番に注意。

$point = 95;
if($point >= 70){
    print '良き';
}elseif($point >= 90){
    print '超良き';
}else{
    print 'うーん・・・';
}

↑は90以上なのに’良き’と表示されます。

$point = 70 が先に合致するので、’良き’と表示されてしまうんですよねぇ。

記述する順番に気を付けましょう(´・ω・)


switch命令(多岐分岐)

等価演算子による多岐分岐を使用する場合は『switch命令』を使うのがいいです。

コードがスッキリして見やすくなります(*^-^*)

switch(式){
  case 値1:
    式 = 値1 である時に実行
    break;
  case 値2:
    式 = 値2 である時に実行
    break;
  default:
    式が値1、2のいずれでもない場合に実行
    break;
}

特に難しいことはないので次行きます(´・ω・)



繰り返し処理

while / do~while 命令

while(条件式){
  条件式がtrueの間、繰り返し実行する処理
}

『while』が先頭で条件式を判定するのに対して、『do~while』は最後に条件式を判定している。

do{
  条件式がtrueの間、繰り返し実行する処理
}while(条件式);



試しに下記を実行してみると・・・

$i = 5;
while($i < 5){
    print "{$i}番目のループです。<br>";
    $i++;
}

while命令の結果:なにも表示されず



対して、do~whileを実行すると

$i = 5;
do{
    print "{$i}番目のループです。<br>";
    $i++;
}while($i < 5);

do~while命令の結果:5番目のループです。

という風に表示されるので、条件式関わらずに最低1回は処理を実行させたい時は、『do~while』を使うといいでしょう。


for命令

for(初期化式; 継続条件式; 増減式){
  実行する処理
}


基本的なfor文はまぁ置いておいて・・・。

カンマ演算子を利用して、『初期化式』『継続条件式』『増減式』に複数の式を指定できるようです。

for($i = 1, $j = 1; $result = $i * $j, $i < 4; $i++, $j++){
    print "{$i}*{$j}={$result}<br>";
}

結果は
1*1=1
2*2=4
3*3=9


となります。

カンマ演算子を利用して、複数の式を記述する事ができるのはPHP以外の言語でも出来たはずですが、あまり利用しておらず忘れていました(´・ω・)

入れ子にするのと、カンマ演算子を利用するの、どちらがいいんでしょうねぇ・・・。

foreach命令

指定された配列・連想配列の要素を取り出して、先頭から順番に処理する。

配列

$datas = array('Java','PHP','C++');

foreach($datas as $val){
    print "{$val}<br>";
}

結果
Java
PHP
C++




連想配列

$pachinkos = array('海物語' => 'パチンコ','ジャグラー' => 'スロット','ミリオンゴッド' => 'スロット');

foreach($pachinkos as $key => $val){
    print "{$key} : {$val}<br>";
}

結果
海物語 : パチンコ
ジャグラー : スロット
ミリオンゴッド : スロット


まとめ

今回はここまで!

正直もう少し書きたいこともあったのですが、現在右手を骨折していまして( 一一)

片手だと書きたいこと全部書こうとすると、どんどん遅くなるので泣く泣く省略した箇所もあります(ノД`)・゜・。

今回省略した箇所で、『break』や『continue』は使用頻度は高いでしょうね・・・。




今回勉強に使わせて頂いた書籍はこちら




最後まで見ていただきありがとうございました!

ランキングに参加していますので、よろしければ応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました